シラバス参照

授業情報/Class Information

科目一覧へ戻る 2021/04/07 現在

基本情報/Basic Information

開講科目名
/Course
生殖看護学特論
時間割コード
/Course Code
R10004
開講所属
/Course Offered by
大学院博士前期課程看護学研究科看護学専攻/
単位数
/Credits
2.0
学年
/Year
1,2
主担当教員
/Main Instructor
林 猪都子
専攻・コース
/course
研究者養成
必修・選択
/ 
選択
開講時期
/Semester term
前期後半
学年
/Grade
1年
担当教員
/ 
林猪都子
梅野貴恵
講義形態
/Class Type
講義
オンライン授業の実施について
/online
対面のみ
科目の目的と概要 思春期、成熟期、更年期、老年期の各ライフステージにおける女性の身体的、精神的、社会的特徴と看護問題を考察し、その看護援助の方法およびセルフケアのための教育のあり方について探求する。さらに女性とその家族における望ましい周産期ケアについて考究する。また、現在の日本や海外における母性・助産活動の現状と課題について探求する。
授業計画 01.リプロダクティブヘルスケア1
02.リプロダクティブヘルスケア2
03.思春期女性の健康問題と看護1
04.思春期女性の健康問題と看護2
05.成熟期女性の健康問題と看護1
06.成熟期女性の健康問題と看護2
07.更年期女性の健康問題と看護1
08.更年期女性の健康問題と看護2
09.女性の健康問題と看護1
10.女性の健康問題と看護2
11.望ましい周産期ケア1
12.望ましい周産期ケア2
13.日本における母性・助産活動の現状と課題1
14.日本における母性・助産活動の現状と課題2
15.世界における母性・助産活動の現状と課題1
16.世界における母性・助産活動の現状と課題2




その他の授業の工夫 受講者の臨床経験や研究課題にあわせて講義内容を検討する。
講義や発表後に討議し内容の理解を深める。
時間外学修 事前にレポート等の課題を課す。
評価方法と評価割合 出席状況およびレポート等を考慮して評価する。
テキスト 講義の中で適宜資料を配布する。
その他
実務家教員の有無
/Practical teacher
実務家教員詳細
/Practical teacher details
林猪都子:病院(助産師)
梅野貴恵:病院(助産師)
教員以外で指導に関わる者の実務経験の有無
/Practical experience of non-teachers involved in teaching
教員以外で指導に関わる者の実務経験:内容
/Contents of practical experience of non-teachers involved in teaching
実務経験を生かした教育内容
/Educational content utilizing practical experience
エビデンスに基づいた看護と臨床経験を生かした看護を実践し、その理論と確かな技術を学生に教授する。
DPとの対応(研究者養成)
/Response with DP (training of researchers)
1.看護学に関する幅広い専門的見識 、 2.共通科目を通して獲得した、問題解決能力、批判的・論理的思考力、分析力 、 4.専門分野の研究論文を批判的にレビューする能力 、 5.教員の指導下で、専門分野の研究課題を洞察する力、データを分析する力、研究計画を立てる力、および研
DPとの対応(看護管理・リカレント)
/Response to DP (nursing management / recurrent)
DPとの対応(NP)
/Response to DP (NP)
DPとの対応(広域看護学)
/Correspondence with DP (Wide Area Nursing)
DPとの対応(助産学)
/Correspondence with DP (Midwifery)
DPとの対応(健康科学)
/DP

科目一覧へ戻る