シラバス参照

授業情報/Class Information

科目一覧へ戻る 2021/04/07 現在

基本情報/Basic Information

開講科目名
/Course
看護理論特論/Advanced Nursing Theorists
時間割コード
/Course Code
OP0008
開講所属
/Course Offered by
大学院博士前期課程看護学研究科看護学専攻/
単位数
/Credits
2.0
学年
/Year
1,2
主担当教員
/Main Instructor
秦 さと子
専攻・コース
/course
研究者養成 、 広域看護学コース 、 助産学コース 、 NPコース 、 看護管理・リカレント
必修・選択
/ 
選択
開講時期
/Semester term
後期後半
学年
/Grade
1年 、 2年
担当教員
/ 
秦 さと子、藤内 美保、高野 政子、桑野 紀子、杉本 圭以子
講義形態
/Class Type
講義
オンライン授業の実施について
/online
オンライン
科目の目的と概要 看護理論の基本構造について理解し、看護実践への活用について検討することを目的とする。講義やグループワークを通して看護理論を体系的に概観し、諸理論の変遷と内容的構造および特徴について理解する。学生は自身の実践フィールドとの適応を考察したうえで関心ある看護モデルを選択し、その理論の重要概念、実践への具体的な活用についてプレゼンテーション、ディスカッションを通して理解を深める。
授業計画 01. 看護理論とは、看護理論の歴史と変遷
02. 看護理論の構造および特徴
03. グループワーク:関心領域の看護理論の理解
04. グループワーク:関心領域の看護理論の理解
05. グループワーク:関心領域の看護理論の実践への活用の仕方
06-07. 看護理論の特徴、分析・評価、実践への活用法(1) ロイ「適応看護モデル」
08-09. 看護理論の特徴、分析・評価、実践への活用法(2) トラベルビー「人間対人間の看護論」
10-11. 看護理論の特徴、分析・評価、実践への活用法(3) ベナー「現象学的人間論と看護」
12-13. 看護理論の特徴、分析・評価、実践への活用法(4) オレム「セルフケア不足理論」
14-15. 看護理論の特徴、分析・評価、実践への活用法(5) ミッシェル「病気における不確かさの理解と看護」
その他の授業の工夫 ・各理論家の看護モデルに精通した教員によるオムニバス授業形式
・5人の理論家の看護モデルから興味ある分野の看護理論を選択して取り組める
・プレゼンテーションを課することで主体的な学習を促す
時間外学修 事前学習:関心ある看護理論家の看護モデルについて、学生個々がその重要概念、構造や特徴について理解し、実践へどのように活用できるかを具体的にまとめ、プレゼンテーションの準備を行う。
事後学習:授業でのディスカッションの内容と学びを振り返る。
評価方法と評価割合 出席状況(10%)、プレゼンテーションの内容(50%)、ディスカッションへの参加(40%)
テキスト <教科書>
指定なし
<参考書>
Fawcett,Jacqueline(2005). Analysis and Evaluation of Nursing Theories.
フォーセット看護理論の分析と評価 新訂版 太田喜久子、筒井真優美監訳、医学書院
看護理論家の業績と理論評価(2015)、筒井真優美編、医学書院

その他
実務家教員の有無
/Practical teacher
実務家教員詳細
/Practical teacher details
秦さと子:大分大学医学部付属病院(実務家)
藤内美保:大分県立病院(実務家)
高野政子:兵庫県立こども病院、大分大学医学部付属病院(実務家)
桑野紀子:セントルカ産婦人科、大分県福利課健康支援センター(実務家)
杉本圭以子:別府医療センタ―、山本病院、中央町こころのクリニック(実務家)
教員以外で指導に関わる者の実務経験の有無
/Practical experience of non-teachers involved in teaching
教員以外で指導に関わる者の実務経験:内容
/Contents of practical experience of non-teachers involved in teaching
実務経験を生かした教育内容
/Educational content utilizing practical experience
DPとの対応(研究者養成)
/Response with DP (training of researchers)
1.看護学に関する幅広い専門的見識 、 2.共通科目を通して獲得した、問題解決能力、批判的・論理的思考力、分析力
DPとの対応(看護管理・リカレント)
/Response to DP (nursing management / recurrent)
1.看護学に関する幅広い専門的知識および能力 、 2.共通科目を通して得た、問題解決能力、批判的・論理的思考力、分析および看護管理に関する能力
DPとの対応(NP)
/Response to DP (NP)
1.包括的健康アセスメント能力
DPとの対応(広域看護学)
/Correspondence with DP (Wide Area Nursing)
1.対象者個人・家族の健康アセスメントを包括的にできる能力
DPとの対応(助産学)
/Correspondence with DP (Midwifery)
1.妊産褥婦、胎児、新生児に対して助産過程を展開できる自立した助産ケア能力
DPとの対応(健康科学)
/DP

科目一覧へ戻る