シラバス参照

授業情報/Class Information

科目一覧へ戻る 2021/04/07 現在

基本情報/Basic Information

開講科目名
/Course
助産過程展開演習/Midwifery process deployment seminar
時間割コード
/Course Code
J00012
開講所属
/Course Offered by
大学院博士前期課程看護学研究科看護学専攻/
単位数
/Credits
2.0
学年
/Year
1
主担当教員
/Main Instructor
樋口 幸
専攻・コース
/course
助産学コース
必修・選択
/ 
必修
開講時期
/Semester term
後期前半 、 後期後半
学年
/Grade
1年
担当教員
/ 
樋口 幸、梅野 貴恵、姫野綾
講義形態
/Class Type
演習
オンライン授業の実施について
/online
一部オンライン
科目の目的と概要 助産を実践するための基本的な助産過程の展開を、ペーパーペイシェントを用いて習得し、実践への応用能力を身に付ける。助産診断の概念および助産診断のプロセスに基づき、妊娠期および分娩期における母児の安全・安楽を保障するために、妊産婦の身体的・心理的・社会的健康状態、胎児の発育・発達および健康状態について判断し助産診断名を記述し、ケア計画を立案できる能力を習得する。
授業計画 01.助産診断の概念、助産過程の展開とは
02.妊娠期の経過診断と健康生活診断
03.ペーパーペイシェント:妊娠期の経過診断(1)
04.ペーパーペイシェント:妊娠期の経過診断(2)
05.ペーパーペイシェント:妊娠期の健康生活診断(1)
06.ペーパーペイシェント:妊娠期の健康生活診断(2)
07.ペーパーペイシェント:妊娠期の助産診断名と助産目標
08.ペーパーペイシェント:妊娠期の助産計画
09.妊婦健康診査時の経過診断と健康生活診断(1)
10.妊婦健康診査時の経過診断と健康生活診断(1)
11.分娩期の経過診断と健康生活診断
12.ペーパーペイシェント:分娩期の経過診断(1)
13.ペーパーペイシェント:分娩期の経過診断(2)
14.ペーパーペイシェント:分娩期の健康生活診断(1)
15.ペーパーペイシェント:分娩期の健康生活診断(2)
16.ペーパーペイシェント:分娩期の助産診断名と助産目標
17.ペーパーペイシェント:分娩期の助産計画
18.ペーパーペイシェント:分娩経過中の変化をとらえた経過診断の修正
19.ペーパーペイシェント:分娩経過中の変化をとらえた助産計画の修正
20.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の経過診断(1)
21.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の経過診断(2)
22.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の健康生活診断(1)
23.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の健康生活診断(2)
24.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の助産診断名と助産目標
25.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の助産計画
26.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の分娩経過中の医療介入による経過診断の修正(1)
27.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の分娩経過中の医療介入による経過診断の修正(2)
28.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の分娩経過中の医療介入による助産計画の修正(1)
29.ペーパーペイシェント:ハイリスク産婦の分娩経過中の医療介入による助産計画の修正(2)
30.助産計画の修正
その他の授業の工夫 ペーパーペイシェントの個人学習ののち、2~3人のグループワーク、発表、ディスカッションを行う。
グループワーク時にパソコン入力し、発表は出力したものを貼りだし、プレゼン形式で行う。
時間外学修 個人学習やレポートの修正などで、30時間以上を要す。
評価方法と評価割合 レポート:ディスカッション=80:20
テキスト ・実践マタニティ診断第4版 医学書院
・今日の助産     南江堂      ほか
その他
実務家教員の有無
/Practical teacher
実務家教員詳細
/Practical teacher details
梅野貴恵:病院の助産師
樋口幸:病院の助産師
姫野綾:病院の助産師
教員以外で指導に関わる者の実務経験の有無
/Practical experience of non-teachers involved in teaching
教員以外で指導に関わる者の実務経験:内容
/Contents of practical experience of non-teachers involved in teaching
実務経験を生かした教育内容
/Educational content utilizing practical experience
エビデンスに基いた事例の助産診断、助産診断に基づいた実際に経験した事例の話をふまえて教授する。
DPとの対応(研究者養成)
/Response with DP (training of researchers)
DPとの対応(看護管理・リカレント)
/Response to DP (nursing management / recurrent)
DPとの対応(NP)
/Response to DP (NP)
DPとの対応(広域看護学)
/Correspondence with DP (Wide Area Nursing)
DPとの対応(助産学)
/Correspondence with DP (Midwifery)
1.妊産褥婦、胎児、新生児に対して助産過程を展開できる自立した助産ケア能力 、 2.女性の一生における性と生殖に関する健康課題に対する支援能力 、 3.他職種と協働し社会資源を活用・開発し、個人および社会の性と生殖に係わる健康問題を解決できる能力 、 4.助産システムの活用・調整および助産管理能力 、 5.助産・助産学の発展に寄与できる研究開発能力 、 6.倫理的意思決定能力
DPとの対応(健康科学)
/DP

科目一覧へ戻る